ありがとう「やまと尼寺精進日記」~みんなの暮らしは続く

精進 やまと 何者 まっちゃん 尼寺 日記

😅 また、お寺のオリジナル商品(お味噌やジャムなど)のラベルやPOPにはまっちゃんのイラストが入っていますね。 作るときには鏡餅にお湯を加えて柔らか戻しているのでしょうか。 こうして「雛あられ」「ねこ餅あられ」が出来上がりです。

1

やまと尼寺 まっちゃん何者

精進 やまと 何者 まっちゃん 尼寺 日記

😛 「いがぐり揚げ」は「素麺(そうめん)」を短く割ってから、それを天ぷら粉で包んだ茹でた栗の周りに付けて、さらに油で揚げて毬栗(いがぐり)とみなしていました。 触れ合いの中で、お寺の人と親しくなると同時に村の人とも親しくなっていったと。

18

やまと尼寺精進日記 最終回 なぜ終了の理由

精進 やまと 何者 まっちゃん 尼寺 日記

👇 それだけ、三人がいると楽しさが倍増しているということなのか。 それだけに知らず知らずのうちに身体的な疲労が溜まっているかも知れません。 今回は初穂回でしたけど主役は瞳ちゃんだった気がします。

9

ありがとう「やまと尼寺精進日記」~みんなの暮らしは続く

精進 やまと 何者 まっちゃん 尼寺 日記

😜 味付け&色付けは、青じそ(青紫蘇)を入れたり、節分のときの豆を入れたり、ヨモギ(蓬)を入れたり、紫芋を入れたり、古代米とゴマ(胡麻)を入れたりして、彩り鮮やかな「ねこ餅」が出来上がっていました。 私はご住職の笑顔に物凄く惹かれる。 Bさん「(お寺への道は里の皆さんと作ったって?)そうですよ。

ありがとう「やまと尼寺精進日記」~みんなの暮らしは続く

精進 やまと 何者 まっちゃん 尼寺 日記

😝 そういえば、あられを作っているときに、密榮さんが「まっちゃん」にまっちゃんが「嫁入り前」だと言っていましたね。 お寺で着替えたのでしょうね、きっと。 慈瞳さんの事情 慈瞳さんは、カウンセラーの活動に力を入れるということで今年(2020年)音羽山観音寺を下山されました。

14

慈瞳・じとうさんのカウンセラー活動などリンク(やまと尼寺精進日記)

精進 やまと 何者 まっちゃん 尼寺 日記

🤙 音羽山観音寺のご住職である「後藤密榮(ごとう・みつえい)」さんと、副住職の「佐々木慈瞳(ささき・じとう)」さん、そして4年ほどお手伝いをしている「まっちゃん」の3人です。

やまと尼寺 まっちゃん何者

精進 やまと 何者 まっちゃん 尼寺 日記

👏 素敵な風習だ。 ご住職は時にしてツッコミ役、そして観音寺の知性担当、まとめ役。 稲穂を油で素揚げしてもいましたか。

7

やまと尼寺 最終回と慈瞳・じとうさん、まっちゃんが、音羽山観音寺を下山して心配になることいいろいろ(精進日記 )

精進 やまと 何者 まっちゃん 尼寺 日記

👏 このシーン、なんだか部活の合宿みたいで楽しかったですね。

12